▲トップへ戻る

素心学塾での、学びの型は「(がく)()(こう)(でん)」です。
「学」基本を学び、仲間と研鑽(けんさん)しあう
「思」学んだことを自分自身に置きかえて思い返す。
「行」その学びを生かす。
「伝」学んだことを伝え、さらに深めていく。

したがって、禅的瞑想のあとの澄んだ心で、もう一度自分自身に問いかけてみましょう。

なお、ほととぎすは、九州には少ないとされる夏鳥です。その鳴き声は「てっぺんかけたか」(天辺欠けたか)と聞こえます。
(てっぺん)だけで考えず、素直な心で思索したいものです。