▲トップへ戻る

思索室 時鳥の間
問答室 花の間
瞑想室 月の間
素心の湯
素心学研修所 玄関
研修道場 素心の間
素心学研修所
素心学研修所 中庭
素心学研修所 施設案内
道元禅師は、「春は花夏ほととぎす秋は月冬雪さえてすずしかりけり」という歌を詠んで、
「自然と一体になることで、本来の自分に出会うことができる」と説かれました。
緑豊かな山稜、清らかな水、作物を実らす田畑、道ばたに咲く草花―。
四季折々に変化するそれらの風景をながめ、竹林を通る風の音の耳を澄ませていると、
もうそれだけで真っ白な「(もと)の心」(素心(そしん))を取り戻すことができそうです。